YAPC::Asia Tokyo 2015 1日目に参加してきた

はじめに

1日目,睡眠不足のため眠かったのがつらかった.
改めて記載するがYAPC::Asia自体は昨年に続き2回目の参加である.

会場

今年もありましたDeNA水.

Permission Deniedな扉.

聞いたトーク

メリークリスマス!

Larry Wallの講演.
なんか改めて聞いているとLarryはトールキンがすごい好きなのだなという感じ.トールキンは一般常識.
僕は指輪物語ホビット程度は読破しているので問題なかったのだけれど,Larryの例えはトールキンをふんだんに用いていたので,分からない人にとってはちょっと楽しめなかったの……かも? とは思うけど,まあ,一般常識だろうしいいだろう,という感じ.
Larryが途中で,言語の構築と世界の構築の話をしていた.トールキンの物語は正に世界を構築する.言語の構築にも通ずるところはあるのだろう.トールキンを読んだことがない人間は是非に読むべきだ.

ところでLarryはaliasを色々設定していた.perlはp,git checkoutはgco,特にperlをpにするのは流行ってほしい.

Larryは講演で,トールキン言語学者であり,それを受けて自分もまた言語をという流れがあったことを話していた.Larryはトールキンを愛している.Perl5をホビットに,Perl6を指輪物語に例えるほどにもだ.もしもトールキン指輪物語を執筆していなければ,Perlはこの世に存在しなかったのかもしれない.奇妙な因果関係だ.

講演の最後の方では灰色港の話を交えてきた.
指輪物語のネタバレになるため詳しい言及は避けるが,指輪物語の最後のフロド達に,Larryは自身の物語の最後を重ねたように思えた.講演は感動的であった.このくだりはとても感動的であったので,Perlが好きであって,またトールキンに詳しくない諸兄は是非とも指輪物語を読破してからこの講演の動画を見てほしい(Youtubeに投稿されるだろう).

また講演の途中でLarryは「2015年のクリスマスにPerl 6をリリースする(もちろんできない可能性もある)」ことを宣言した.
クリスマスにリリースすると言っているが,いつのクリスマスかは言っていない(リリースされない)……というのがいつもの流れであった.しかし今回Larryは初めて年度について言及した.これはもしかするとあるのかもしれない.

DeepLearning の前に知っておくことがある! 再帰型のニューラルネットワークや自己組織化マップについて語ろう

大学の半期でやる講義を30分で話そう,という試みを感じた.
残念ながら時間が足りなかった(たぶんこの分野にそれなりに詳しい諸兄は発表途中で間に合わないことを予感したと思う).1時間でももしかしたら厳しかったかもしれない.

どうしてもPerlでドローンを飛ばしたい人のためのハードウェアハック概論

開幕「まあ僕今ならGo使って書きますねwww」から始まった.ドローンの(ハードウェアの)ハックについて語っていてなかなかに面白かった.飛行原理なども交え興味深い内容であった.

Yet Another Perl Cooking

聞きたかったのだけれど聞き逃してしまった講演.とてもつらい.

Lightning Talks Day 1

やっぱりPHPに関する発表て最高やな!

懇親会

懇親会会場はDeNA様及びエン・ジャパン様の提供だった.多謝.本社に向かってお辞儀をしよう.
恐らく無限ビールだった.左手にグラス,右手に瓶ビールで徘徊して色々な人と喋っていたら皆々様に学生に見えないなどと言われた.悲しい.

Larryに一緒に写真撮って頂いた! とても嬉しい!

おわりに

そして2日目へ.早く寝ないといけない.
楽しい1日目だった.